爪でわかる健康のバロメーター☆

   2016/12/24

爪

最近、仕事をしていて爪が割れました。

よく人差し指の爪が割れるのですが、乾燥とかお手入れ不足なんだなーと思い、爪の健康状態について調べました。

そしたら、意外と「爪」が奥深いものだったということに気づいたのです。

最初に驚いたことは、爪って硬いしきっと骨なんだと思っていました。

でも実は、皮膚の一部だとか( ;∀;)

皮膚が板状に硬質化したら爪になるなんて……。

よく爪を見て「カルシウム不足かしら」なんていう人もいそうですが、気を付けましょう。

爪のトラブルで多く見られるのは2枚爪だと思うのですが、私もしょっちゅうです。

頑張って伸ばしてキレイにネイルをしたくても必ず途中で2枚爪が出てきてしまいます。

2枚爪の原因は外部からの衝撃からも起こるし、ひどい乾燥でもなってしまうんだとか。

水仕事をしている人や、頻繁にネイルを塗り替える人も乾燥の原因になってしまうんですよ~。

あとは、冷え性や血行不良も乾燥の原因になるんですって!

自分が思っている以上に体は乾燥していたんですね……。

そう考えると、爪って毎日気軽にチェックできる部分でもありますよね!

爪をチェックすることで自分の健康のバロメーターになれば、すごくいいと思うんです!

なので、今日は爪チェックを簡単にご紹介しますね(‘ω’)ノ

 

爪で分かる自分の健康状態

まず、自分の爪の色をよくみてください。どんな色ですか?

もし、爪が白くなってしまっていたら要注意です。

腎不全や肝臓の病気や糖尿病があったりするんだとか!

青白い場合は貧血気味でかなり血行が悪い状態にあるのかも!

黄色い場合は除光液の使い過ぎやマニキュアの沈着が考えられますが、もしそんなことしていないのに黄色くなってしまっていたらこれまた要注意。

爪水虫カンジダ菌に感染している可能性も。

書いてるだけで病気がどんどん出てくるので怖いですね……。

とりあえず、ピンク色であれば、血行がよく健康的な爪なんです……(-_-;)

自覚症状がなにかあればすぐ病院へ行きましょう。

次は、爪が凸凹していたり、割れやすいなど。

主に原因は乾燥ですが、爪表面の水分不足や栄養不足などがあります。

あとはストレスによる場合もありますし、間違ったお手入れでも凸凹してしまうみたいです。

やすりで削りすぎたりしないように注意してください。

そしてよく見かける、縦すじ!!

若い人ならあまり見ないのかな??

そうです、「加齢による老化現象」なんですって~。

でも過度のストレスや睡眠不足、過労などでもでちゃうらしいので、しっかり寝ましょうね(-_-;)

私は若いころから縦すじがあったので、老化早すぎ!とびっくりしましたが、きっと睡眠不足だったんだと思います。(たぶん)

で、私はあまりみたことのない横すじ、これは1か月前に体調不良や過度なストレスなどがあったりすると、爪の根本3ミリあたりに横すじが現れるんだそうです。

へーってかんじです。じっくり爪チェックしてみよーという気持ちになります。

爪の色や状態だけでこんなに病気や変化がでていてけっこう驚きました。

ここに書いたのはほんとにほんの少しなので、あまり参考にならないと思いますが(笑)

自分の体調チェックを心がけてくださいね♪

私もピンクで縦すじのない爪を目指します!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket