顎ニキビの治療法|メリット&デメリットから見えてくる適切な治療

医者

日常生活を見直してもなかなかなくならないニキビ。費用はかかりますが、即効性や確実な改善には病院でのニキビ治療が有効な手段です。

こちらでは、皮膚科・美容外科で行われている顎ニキビの治療についてまとめてみました。

顎ニキビの治療法

面ぽう圧出

白ニキビ、黄ニキビの治療に使われます。ニキビ表面を消毒し、レーザー又は針で細かな穴をあけ面ぽう圧出器を使って毛穴に詰まった汚れや皮脂を押し出す方法です。

メリット:保険適用があること。できたニキビを早期に消失させることができます。
デメリット:痛みを伴う治療法。発生を抑えることはできないため、これ以上増やさないための方法です。

外用薬・内服薬の処方

殺菌作用があるものやピーリング効果のある外用薬、抗生物質やビタミン剤、ホルモン剤による内服薬を処方してもらいます。

メリット:保険適用があり、ドラッグストア等で購入するより安価で手に入ります。
デメリット:効果がすぐに表れにくく、肌質によって効果が表れにくい場合もあります。

ケミカルピーリング

化学薬品を使用し古くなった角質や毛穴の汚れを溶かす方法です。

メリット:どんな方法でも治らなかったという人でも高い効果が期待できる治療法です。
デメリット:保険適用がありません。そして効果が出るには数回治療する必要があり金銭的な負担があります。薬剤を使用するため敏感肌の人には不向きな治療法です。

注射治療

激しい炎症の伴うニキビやクレーター状になったニキビ跡の治療など、ニキビが悪化した場合の治療法です。治療には「ケナコルト」(ステロイド剤)「プラセンタ」「ヒアルロン酸」の三つの薬剤が使われます。

メリット:局所注射によるため即効性と高い改善効果が期待できます。
デメリット:保険適用がなく高額です。注射による対症療法であり根本的な原因が改善されるわけではありません。また、ニキビにより投薬の量も変化するため安心できる腕の良い医師を選ぶ必要があります。

イオン導入

ビタミンCといった美肌成分を微弱電流により肌の深部に浸透させる方法です。ニキビ跡の改善や皮脂の過剰分泌を抑えます。

メリット:化粧水のように肌表面に塗布する場合に比べ数倍の浸透力が期待できる方法です。
デメリット:保険適用外です。電流を流すため、肌へ刺激となり適切な頻度で行わなければダメージを受けてしまいます。

フォトフェイシャル治療

様々な波長の光を肌に当てアクネ菌の殺菌や、皮膚代謝を良くしニキビ跡の改善が期待できる治療法です。

メリット:ニキビ跡の治療に高い効果が期待できます。
デメリット:保険適用外であり一回の治療も高額です。ニキビの範囲によって金額も差があり平均で3回以上は治療をする必要があります。

レーザー治療

レーザーの照射によりニキビ跡の改善やニキビができないように抑制する治療法です。

メリット:痛みもなく簡単に行える治療です。また改善している実感を得やすいです。
デメリット:保険適用外であり、数種類ある中から自分のニキビに合うものを見つけなければならないのが難点です。

顎ニキビの治療法まとめ

皮膚科、美容外科の治療法は沢山あります。治りにくい顎ニキビの効果を早く出したい場合の治療法は自由診療が多く費用がかかりますが、改善が目に見えるのは魅力的です。

ただ、治療を重ねて自分の肌に合うかがわかるため必ず治るという保障がないのも事実です。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?