「チャコット」フェイスパウダー|ニキビへの影響と使い方

チャコットのフェイスパウダーは粒子が細かいのが特徴です。にきびが出来ているとその部分だけ赤くなったり、黄色くなったりしていることが多いのではないでしょうか?

チャコットの粒子は細かいためニキビの凸凹にも綺麗にパウダーがついてくれますので、綺麗にカバーできると考えます。また細かいということは肌への密着感も増すためメイク後、長時間綺麗な状態が保てると考えます。

そして粒子が細かいということは皮脂などが出た時も大きく崩れることはないと感じました。ただチャコットのデメリットとして舞台専用の化粧品ということもあり、購入することが難しいです。

チャコットのサイトもあるのですが、購入するには手にとって肌につけた感じなど試したいと思います。購入しづらいという点が気になりますね。

チャコットのフェイスパウダーの実力はすごい

口コミや商品内容も大切ですが、何よりあるコスメのサイトで4年連続大賞を取っています。1度大賞をとるコスメはたくさんあるかもしれませんが、4年も連続でとれるということはそれだけの実力があるということです。

ニキビなどの肌トラブルで化粧品を変えようと考えた時、チャコットのフェイスパウダーのように大賞をとっているコスメは安心して使い始めることができますね。

チャコットのフェイスパウダーは肌へのダメージが大きい!?

上記で実力があるとお伝えしました。ただ乾燥肌でニキビが多い方には向いていないと感じます。というのはチャコットは舞台専用の化粧品のためメイクが落ちにくく肌へのダメージが大きい部分があるのです。

その分、カバー力や持続力は他のブランドと比べてみてもトップクラスだと思います。個人的には肌へのダメージが気になるのでニキビが多い方よりもニキビ跡に悩んでいる方に向いているフェイスパウダーですね。

「ニキビをどうしてもカバーしたい」という方は毎日使うのではなく特別な日にだけ使うようにしましょう。

チャコットのフェイスパウダーとニキビの相性

相性ははっきりいいとは言えません。カバー力があるためニキビをカバーすることができても、肌に負担がかかっってしまうのであればよくありません。にきびが出来ている時にはカバー力も大切ですが、肌へ負担の少ないものを使用することが最も重要だと考えます。

ニキビがある時のフェイスパウダーの使い方

パウダーが出すぎないように工夫はされています。しかしパフにつけて、そのまま顔に塗布してしまうと白くなりすぎてしまうでしょう。そのため手の甲で調節してから塗布するようにすると自然に仕上がりますよ。

ただにきびの部分にはパフを使用するよりも指などで少しずつなじませることをお勧めします。というのは、ニキビにはたくさん菌が付着しているので、ニキビの部分と他の肌を同じパフで塗布すると新たなニキビになる原因を作ってしまうことになる可能絵師があります。

個人的に少し気になるところはパフが別売りということです。パフが元々ついているパウダーが多いので買い忘れてしまう方も多いと思います。チャコットのフェイスパウダーを購入する際はパフの購入も忘れないでください。

チャコットのフェイスパウダーの口コミは1万以上もある!!

  • それにカバー力がすごいし、マット肌にもなれるので愛用しています
  • 乾燥しづらくなりました!パウダーはさらさらで優しいです
  • 仕上げとして使ってますが、なかなか優秀ですね
  • 安いですが、質は結構いいものですね
  • つけると肌もパッと明るくなります
  • 減りも遅く、長く使っていくのに向いています
  • 崩れにくいので長くつけていても心配要らずです
  • パサパサっぽさもないし、馴染みもいいと思います

混合肌で、おでこ小鼻がテカることが悩みの私ですが、厚塗り感はさほどなく、時間が経っても崩れません

崩れにくさはやはりすごいですね!!皮脂が多く出るところはぴかっとしてくるけど、他のところは本当に崩れにくい…!

にきびが出来やすいんですが、下地と一緒にこのチャコットさんのパウダー使い始めてから、にきびがあまり増えないような気がする

カバー力についてはあまりない方ですが、自然さが売りとも言えるような確かなマット感です

他のブランドを見ていてチャコットの口コミはとても多く驚きました。1万以上の口コミのあるブランドはなかなかありません。口コミ内容もいいものが多かったです。

やはり舞台メイク用のものなので崩れにくさやカバー力はしっかりとあるようですね。ただ中にはカバー力をあまり感じない方も見えました。ひどいニキビの場合はカバーしにくいのかもしれませんので、ニキビがひどい時だけはコンシーラーも一緒に使うといいかもしれません。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?