クリニークのファンデーションでニキビは隠せる?真相と口コミ

クリニークのファンデーションにはニキビや赤みが気にならず、パーフェクトなナチュラルマット肌を演出するリキッドファンデーションがあります。刺激に弱いニキビ肌でも負担が少ないのに軽く伸びるテクスチヤーで、ムラなく肌にフィットします。

そして、適度に皮脂コントロールをしてくれるので、べたつきがちな肌でも使い心地がよく理想的なモイスチャーバランスをキープしてくれる優れものです。

  • 仕上がりさらさらなのにカバー力が凄い
  • 伸びがよくカバー力もあるのに肌荒れしない!
  • ニキビやニキビ痕の凸凹を消してくれた
  • 長時間着けていたり汗をかいても痒くならない

ニキビ痕が酷いのですがこのファンデーションならコンシーラーいらない

口コミからわかるのはカバー力と肌に優しいファンデーションということです。中にはアクネようファンデーションとして過去最高!と誉める声もあります。どうしてもアクネ様ファンデーションでは仕上がりに満足出来なかったり、機能的な面で不満がある方も多い中、クリニークのリキッドファンデーションは塗り心地から仕上がりまで満足の声が多くあります。

またニキビが出来やすい肌質の方でも、不安なく使うことが出来る点が口コミ評価を上げているようです。

  • リキッドファンデーションなのにぬめっとした感覚がいや
  • 下地を附けてからぬると厚塗り感がある
  • カバー力はまあまあ
  • スキンケアがちゃんと肌に馴染んでないとすぐよれる
  • 化粧もちがわるい

中には不満の口コミもあります。リキッドタイプですからどつしてもぬるっとした感覚はあるようです。肌に乗せた時の感覚は我慢しかないと感じますが、専用のスポンジでぬる燗だけでも多少感覚は変わりますから、スポンジも試してみるといいでしょう。

またクリニークには化粧下地がありませんが下地がなくてもマット肌ができ肌を守る機能がありますから必要性はないのですが、どうしても下地を使ってしまうと厚塗り感は出てしまいます。これは単純に下地+リキッドファンデーション+パウダーファンデーションとしっかりメイクをし重ねて塗るために出る厚塗り感ですから、クリニークのリキッドファンデーション1本ならばナチュラルな仕上がりになります。

化粧水や乳液をぬってすぐにリキッドタイプやパウダータイプのファンデーションを塗ってしまうと混じりあってしまい肌にしっかりとフィット出来ず崩れの原因になり得ます。その為スキンケアをしたあとはしっかりとパッティングし、肌に馴染んでからファンデーションを使うようにしてください。これはクリニークだけに限らずどのメーカーでも同じことが言えるでしょう。

クリニークが発売しているアクネカバーアップリキッドファンデーションはアクネ界でも有名なファンデーションです。敏感肌は勿論、脂性肌にも対応しており肌に優しく作られています。

もし改善する所があるとするならば、乾燥肌の方が使うと更に乾燥が進んでしまうかもしれない点ではないでしょうか。事実口コミの中には乾燥肌だからこれだけで使うのは怖いという声もあります。

仕上がりがさらさらな分なんとなく不安になるのでしょう。この不安を少しでも軽減できたら更に使いやすくなる事でしょう。勿論乾燥肌の方は充分にスキンケアをしたのちクリニークのリキッドファンデーションを使えば乾燥が助長されることはありませんし、むしろ潤いを感じならが過ごせる事でしょう。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?