ニキビを隠す方法まとめ

ケイトのコンシーラーでニキビを隠す!口コミから見るデメリット

time 2017/06/03

ケイトのコンシーラーでニキビを隠す!口コミから見るデメリット

ケイトのコンシーラーは4種類ありますが、そのうちニキビ跡やニキビを隠すのにむいているのはスティックコンシーラーNとフルカバーコンシーラーの2種類です。

まずフルカバーコンシーラーは厚塗り感を感じさせないのに崩れにくくしっかりカバーしてくれる良さがあります。色はナチュラルベージュとライトベージュの二色ですから持っているファンデーションや肌色と合いやすいでしょう。

一方のスティックコンシーラーNはニキビ跡、ニキビ、シミ、ソバカスなどに使いやすいスティックタイプのコンシーラーで、こちらの方がニキビやニキビ跡を隠すときにはむいているかもしれません。
こちらもナチュラルベージュとライトベージュの二色展開です。

ケイトのフルカバーコンシーラーの良さと悪さは?

ケイトのフルカバーコンシーラーの良さは口コミによるとカバー力があるというコメントが多く目立ちます。

一方、悪い点は口コミによると、

  • 固すぎて塗りにくい
  • 固いので伸びが悪い
  • 広範囲には適さない

などのコメントが目立ちます。塗った後にパウダーファンデーションなどを乗せるとニキビ跡やニキビを目立たなくしてくれるようです。

また、目の下などに塗るとひび割れしやすいようですが、予めたっぷりと保湿をしておくことである程度予防できるでしょう。固いという評判ですがコンシーラー用の筆など用具を使うとうまく塗れます。

ケイトのスティックコンシーラーNの良い点と悪い点は?

ケイトのスティックコンシーラーNの良い点は口コミによると、

  • カバー力がある
  • ポイントに少量だけ付けられる
  • 描きやすい
  • クレーターのようなニキビ跡やホクロの赤みが消える
  • ドラッグストアで購入しやすい

などが挙げられます。

一方悪い点は、

  • テクスチャーが少し固いので広範囲にはむかない
  • 塗りすぎると馴染まなくなる
  • 重ねて付けると馴染まなくなる
  • 赤いニキビやニキビ跡が隠れない
  • 色味が特殊なので今持っているファンデーションと色が合いにくい

などがあります。カバー力が良い商品なのであまりつけすぎずに、少しずつポンポンと指で乗せる程度で良いでしょう。

塗る前に保湿をしっかり行っておくと浮きにくくなります。

ケイトのコンシーラーは他社と何が違う?

 

ケイトのコンシーラーは赤すぎる色味のニキビやニキビ跡はカバーしきれない可能性もあります。薄いシミやニキビ跡はしっかり隠してくれるでしょう。

表面が固いので広範囲に使用するには向きませんが、ポイントメイクとしてはカバー力が抜群といわれています。サイズが小ぶりなので日中付け直したい時などにさっと取り出せる分便利ですね。

実は、家にいながら簡単にできるニキビケアがあります。美容皮膚科やクリニックに通うことなく、特別な専門道具もいりません。

>>詳しくはコチラ!