ニキビを隠す方法まとめ

マスクの通気性は素材から!ニキビ肌におすすめマスクと選び方

time 2017/06/03

マスクの通気性は素材から!ニキビ肌におすすめマスクと選び方

あなたはマスクを選ぶ時、どんな所に重点を置いて選びますか?

  • 通気性
  • 素材
  • 機能
  • デザイン
  • コストパフォーマンス

など、気にするべきポイントはいくつかあると思います。

その中でも、ニキビが出来て困っている時でも使いやすく、ニキビが悪化しにくいマスク選びにポイントを置いて、考えてみたいと思います。

通気性の良い素材を選ぶポイント

どの素材がニキビを刺激しないか?

まずマスクには使い捨てマスクと繰り返し洗って使えるマスクの2種類があります。

使い捨てマスクの特徴は、不織布で出来ていて、汚れたら取り替えがしやすい、コストパフォーマンスが良い、香り付きなどリラックス効果のあるモノなどがあり多くの方がこちらを使っているのではないでしょうか?

ただ、ニキビが出来ている時に使う場合、この不織布は機械や化学的な物で作られている為、マスクの肌に触れる箇所にニキビがあった場合は、刺激となってしまう可能性があります。その為内側だけ、綿やオーガニック素材で出来ているものを選ぶと良いでしょう。

それでは繰り返し洗って使えるマスクの場合はどうでしょうか?

こちらの特徴は、水洗いに耐える事の出来る、綿やシルク、もしくはウレタン素材のモノも最近発売されています。

その中でも、綿やシルクなど、天然のモノで出来ているマスクは、ニキビがある場合でも刺激が少なく肌に優しい素材となりますが、清潔に保つ為にはしっかり洗って乾かすという手間をかける事が必要です。

また、ウレタン素材の場合は化学繊維で出来ているので、ニキビの箇所、肌の状態をしっかり見極め、マスク自体の手入れもやはりしっかりと行う事が必要です。

通気性が良いマスクの素材とは?

では通気性というポイントではどうでしょうか?使い捨てマスクにも、形や機能がさまざまです。

肌に密着する形のモノは呼吸が苦しくならないように、通気性を考えたものがあります。マスクとしての本来の機能も高く通気性も良いという、利点を兼ね備えたものがベストではないでしょうか?

そして、綿やシルクなどの素材の繰り返し洗って使えるマスクは、通気性も良いのでオススメです。

また先ほど紹介した、ウレタン性マスクも通気性はとても良いため、ニキビがある場合でも肌に合う方にはオススメです。

通気性の良いマスクの素材まとめ

このようにニキビがある場合でも、そのニキビの場所や、肌の状態、あるいはマスクをしなければ行けない理由など一番どこにポイント置くべきかを考えて選ぶ事が大切だと思います。

その為、今は素材やデザインなども多種多様あり、とても性能のいいマスクが出て来ていますので、自分に合った快適に過ごせるものを是非見つけてくださいね!

実は、家にいながら簡単にできるニキビケアがあります。美容皮膚科やクリニックに通うことなく、特別な専門道具もいりません。

>>詳しくはコチラ!