カバーマークのコンシーラーでニキビは隠せる?保湿しないとヒビ割れに

カバーマークのコンシーラーは、他社よりも豊富な色展開と肌トラブルのカバー力が魅力です。

ニキビやニキビ跡をうまく隠してくれるコンシーラーの一つで、使用しているように見えない自然な仕上がりが評判です。ベースカラーはブルーとイエローという日本人の肌に馴染む色です。それぞれ2種類、計4色のカラーが発売されています。

カバーマーク独自の豊富なカラーバリエーションによってニキビやニキビ跡、シミ、クマなどの肌悩みを厚塗り感を出すことなく自然にカバーしてくれます。ノンアルコール、無香料、界面活性剤や紫外線吸収剤も無添加ですから、肌が弱い方やそれらの成分に弱い方も安心して使える商品です。

カバーマークのコンシーラーを使用するメリットは?

では、数ある商品の中からカバーマークのコンシーラーを使用するメリットはなんでしょうか。

なんといっても、カバーマークは日本人の肌に馴染む色展開がされていますし、ニキビやニキビ跡などさまざまな肌トラブルを綺麗に隠してくれるメリットがあります。

4色ありますので、より自分に合った色を探すために一度正規店で色を見てもらうと良いですね。色が分かればそれ以後はネット通販で購入することができます。

このメリット以外にも、付けたときの伸びが良く夕方までもつことや、コンパクトで使いやすいのにコスパも良いなどの高評価が多いです。

カバーマークのコンシーラーを使用する上でデメリットはある?

では、カバーマークのコンシーラーが持つデメリットはどこにあるのでしょうか。

デメリットとして挙げられるのは保湿をしてからつけないとひび割れしたり色浮きしたりしやすいこと、乾燥する時期に使うと塗った場所の肌が乾燥しやすいこと、ニキビが増えることがある、肌の広範囲につけると厚塗りに見えてしまう点です。

保湿成分を配合しているので乾燥を防ぐとはされていますが、肌のためにもしっかりと保湿をしてから使用することで乾燥と色浮きは抑えることができます。

カバーマークのコンシーラーの効果的な使い方は?

カバーマークのコンシーラーをより効果的に使用するためにも使い方を今一度確認しておきましょう。

カバーマークのコンシーラーはニキビやニキビ跡に直接塗りこむのではなく、指で少し溶かしてから必要なところに少しずつつけていくという方法で使用すると厚塗り感が出にくくなります。パウダーファンデーションを使っている場合はコンシーラーを先に使うことがおすすめです。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?