キズパワーパッドでニキビが悪化?!口コミから分かる原因と対策

あなたはニキビが出来た時に、キズパワーパッドを使った事がありますか?

効果的だと言う声もある一方、ネット上の口コミなどではニキビが悪化してしまったと言う声も聞こえてきます。

それでは一体、どのような使い方をしたり、どのようなニキビに対して使った場合に、悪化する事があるのでしょうか?口コミを元に、その原因を考えてみましょう!

キズパワーパッドでニキビが悪化した口コミ

口コミ1.「赤ニキビにキズパワーパッドを張ったら悪化した」

元々ニキビは毛穴に汚れが詰まりそこで菌が繁殖する事によって出来てしまうのですが、赤ニキビはまだ初期のニキビの段階で、見た目は赤ニキビでも奥の方では菌が活発になっている可能性があります。

そんなところにキズパワーパッドで蓋をしてしまった為、蒸れて余計に菌が増殖しやすい環境となり、悪化するといった悪循環になってしまったのでしょう。

口コミ2.「潰れたニキビの上に張ったら、余計に酷くなった」

この潰れたニキビの奥には、たぶん膿がまだ外に出切らずに溜まっていたのではないでしょうか。

膿が残っているという事はそこにアクネ菌がいて、その状態でキズパワーパッドを張ってしまうとこのキズパワーパッドのモイストヒーリング効果で、アクネ菌が更に増殖してニキビが悪化するという結果になってしまったと思われます。

潰れたニキビに張ると治ると言った口コミはかなり目にしますが、状態によっては危険な行為かもしれません。

口コミ3.「潰れたニキビに張ったら剥がす時に痛く、その為皮膚を痛め赤くなってしまった」

これは潰れたニキビが小さく、キズパワーパッドがキズを治す為に必要な浸出液があまり出ず、その特徴であるモイストヒーリングの効果を発揮する為の湿潤環境が整わなかった為でしょう。

また浸出液の出方によっても違いますが、2〜3日程度でキズパワーパッドは張り替えるのがベストだといわれていますので、浸出液の出ていない肌に張り付いた状態から剥がすとなると、肌にとっては負担も大きくなるでしょう。

その為ニキビを治す為に張ったはずのキズパワーパッドが、それ以上にニキビと周囲の肌にダメージを与えてしまう事も十分にありえます。

キズパワーパッドでニキビが悪化する原因

キズパワーパッドは、「モイストヒーリング」という、傷口を出来るだけ乾かさないようにして、自信の持つ治癒力で治す方法です。その為、キズパワーパッドを張った傷口は傷から出てくる浸出液によって潤っていますが、この潤った状態というのがニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

このアクネ菌の大量発生により、毛穴が炎症を起こしている状態がニキビですので、キズパワーパッドを張る事によって余計にニキビが悪化してしまう可能性があります。

ですからニキビの跡を残さないように綺麗に治す為には、ニキビの状態をまずはしっかり判断し、キズパワーパッドが効果を発揮すると言われるニキビの状態なのか、悪化の可能性があるのか見極める必要があります。

その上でニキビにキズパワーパッドを貼る場合は、慎重にあくまでも自己責任だと理解した上で使ってくださいネ!

キズパワーパッドはカットしてニキビに使用してもOK?!

実際に商品の裏には、「切って使わないでください」との記載があります。ダメと言われると気になりますね。では、カットしてはいけないという理由も使用する時の為に知っておきましょう。

キズパワーパッドは表面が防水・防菌加工されたフィルムで出来ています。その為カットすると、切断面の防水・防菌加工がなされていない部分が側面になってしまい、機能を十分に発揮出来ない為とされています。

そして「ニキビには使用しないでください」とも書いてあります。

ただ、このキズパワーパッドを使って綺麗にニキビを治したという方も多く、その場合にはカットして使っている方が多い様です。その為、上手くコツを掴んで、ニキビに効果的に使ってあげましょう。

ニキビに適したキズパワーパッドの切り方と注意点

では、どのような点に気をつけてカットすると良いのでしょうか?

ハサミを清潔にしておく。除菌しておくのも良いでしょう。ハサミに菌が付いていると、台無しになってしまいます。
「カットする部分・サイズは?」

キズパワーパッドの粘着部分をハイドロコロイド素材と言い、自然治癒能力を高めてくれる作りになっている為、どのサイズのどの部分をカットして使っても、効果は変わりありません。

ただ、キズパワーパッド1枚の中でも厚みに差があるので、普通サイズかスポットサイズ、もしくは大きめサイズでも周辺部分などの少し薄めの部分の方が肌に馴染み目立ちにくく、また引っかかりにくいでしょう。

「シートをはがす前にカットする。」

袋から取り出すと粘着部分にシートが付いています。その状態でカットする事で、ハサミや手に付いた汚れ・菌などが付きにくくなります。

「サイズを考える」

目立たないようにするなら、ニキビが隠れるギリギリのサイズにしてもいいでしょう。しっかり覆いたい場合は、少し大きめにカットしてください。

「角を丸くする」

角を丸く整えてあげると、ひっかかりにくく、剥がれるのを防いでくれます。

以上の点に気をつけてカットしてあげると、ニキビを治す為により適したキズパワーパッドになるでしょう。ただ、通常の使い方とは異なりますので、ニキビや肌の状態を十分に見極めて使ってくださいね!

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?