ニキビ コンシーラー 色

ニキビ隠しに最適なコンシーラーの色|オススメは緑・黄・ベージュ色

喜ぶ女性

 

ニキビができているときにはコンシーラーを使用することでニキビやニキビ跡をうまく隠すことができます。

 

それらは赤味のあるものや色素沈着しているものなど種類が様々ですから、自分のニキビやニキビ跡の種類に合わせてコンシーラーを選ばなければなりません。

 

 

コンシーラーの油分がニキビ・ニキビ跡の悪化に繋がる?!

 

ニキビやニキビ跡の種類によっては、普通のコンシーラーを使用すると悪化させてしまう恐れがあります。ニキビを悪化させる原因の一つはアクネ菌の増殖で、コンシーラーに含まれる油分が餌となるためです。

 

ですから、特に赤味があるニキビやニキビ跡の場合は現在アクネ菌が活発化している最中ですので、薬用コンシーラーを使うなど油分が少ないコンシーラーを選択する必要があります。

 

 

コンシーラーの色を変えるとニキビやニキビ跡が隠せる?

 

もう一つ注意するべき点はコンシーラーの色です。普通のコンシーラーでは自分の肌色に合わせるか1トーン明るい色とするかですが、赤味を帯びているニキビやニキビ跡に使用すると反って目立たせる恐れがあります。

 

ですから、赤味がある場合は赤の補色である緑色のコンシーラーを使用するとカバー力が上がります。

 

もしそれでもうまく隠せない場合には、黄色のものを使ってみましょう。赤味が引いた場合には、黄色やベージュなどの色がお勧めです。白ニキビの場合は肌より明るい色にすると光を集め反って目立たせてしまいますので、肌より少し暗い色でニキビをカバーしましょう。

 

 

コンシーラーを選ぶポイントと使い方

 

では、ニキビ跡を隠す場合にはどのようにコンシーラーの色を選べば良いのでしょうか。

 

ニキビ跡には赤いニキビ跡のタイプ、色素沈着やシミになっているタイプ、クレーターのような凹凸があるタイプなどがあります。まず、赤いニキビ跡の場合にはニキビと同様にまず緑色のもの、合わなければ黄色のものを使いましょう。

 

次に、色素沈着やシミとなっているタイプは肌色よりも明るさを下げた色を選びましょう。

 

最後にクレーターのような凸凹のあるニキビ跡の場合はコンシーラーやファンデーションを使用する前に保湿ケアし、下地を整えます。特にクレーターのような凹凸した部分を隠せると謡っていてなおかつ油分が少ない下地を選びましょう。

 

そのあとに、コンシーラーやファンデーションを使って丁寧に整えていきます。

 

 

コンシーラーとファンデーションの順番

 

最後に、コンシーラーとファンデーションを塗る順番はご存知ですか?

 

パウダーファンデーションを使っている場合はコンシーラーを先に塗り、それ以外の場合にはコンシーラーをファンデーションの後に塗ってください。コンシーラーは、ニキビの上やその周辺に塗りすぎず、周りの肌と馴染ませるように心がけてください。

 

 

 

実は、家にいながら簡単にできるニキビケアがあります。

 

驚く女性

 

美容皮膚科やクリニックに通うことなく、特別な専門道具もいりません。その方法は、いつものスキンケアにアレをプラスするだけ!

 

>>詳しくはコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ