仕事でマスクを外せない人のニキビ対策5つ

医療系の職業についている方は毎日マスクをつけますよね。

サラリーマンやOLの方もインフルエンザが流行っている期間だけマスクの着用を義務付ける会社に勤めていればマスクをしますし、他にも仕事でマスクをつけなければならない方はいらっしゃいますよね。

仕事中は人と話すことも多いですが、マスクをしながら会話すると口周りがこすれてニキビができやすくなるので気になりますよね。

そこで仕事柄、マスクを外せない方のための対策をご紹介します。

マスクを外せない人のニキビ対策1.日頃から十分に保湿をしておく

マスクと肌がこすれると、ニキビの原因になります。そのため、日頃から肌を守るために保湿をしっかりすることが重要です。

肌が保湿されてうるおっているとターンオーバーがしっかり行われ、刺激に負けない肌ができます。

マスクを外せない人のニキビ対策2.大きめのマスクを使う

マスクをして仕事をしていれば、肌とこすれるのは避けられません。小さいマスクをつけていると、ちょっとした動きでも大きくこすれてしまいます。

さらに、ヒモが耳を締め付けて痛くなるので仕事も集中できなくなってしまいます。顔のサイズより大きめのマスクを選びましょう。

マスクを外せない人のニキビ対策3.抗菌剤が含まれてるマスクを使わない

マスクの中の衛生のために、抗菌剤が含まれてるマスクがあります。

その抗菌剤が肌荒れの原因になることがありますので、抗菌剤入りのマスクは使わず、綿100%のガーゼマスクを使ってください。ガーゼマスクは肌に非常に優しいのでオススメです。

不織布(ふしょくふ)マスクの中に1枚ガーゼを挟んでも同じ効果なので試してみてはいかがですか?

マスクを外せない人のニキビ対策4.こまめにマスクを外す

仕事なのでどうしてもイライラしてしまったり、焦ってしまうことがありますよね。すると息が荒くなったり、汗をかいたりしてマスクの中が湿っぽくなりやすいです。

長時間つけっぱなしの時は、少しでも時間が空いた時に通気のためにマスクを外してください。

あまりにも蒸れがひどい場合は、新しいのと取り替えていつでも清潔なマスクを使えるように、マスクを1つだけでなく、2つ持っておきましょう。

マスクを外せない人のニキビ対策5.ニキビに絆創膏を貼っておく

もうすでにニキビができてしまっている方はマスクをつける前に一手間ですが、絆創膏を貼っておくのも効果的です。

ニキビ用クリームをニキビに塗ってから絆創膏を貼り、その上からマスクをします。

すると、ニキビには直接マスクの刺激が届きませんし、ニキビ用クリームを塗っているのでニキビが良くなります。絆創膏を貼る時にはニキビを潰さないように優しく貼ってください。もちろん剥がす時も丁寧に剥がしてください。

仕事でマスクを外せない人のニキビ対策まとめ

職場でマスクをしなければならない方は、ニキビに人一倍気を使わなければなりませんが、少しでも肌の負担を減らしてニキビのない美肌になりましょう。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?