ニキビがあるときはシートマスクNG?!正しい使い方や選び方

イベントや特別な日が近い時にニキビがあると、早くなんとかしたいという思いから肌のケアを頑張りますよね。

ですが、そのニキビのためにシートマスクを使ってしまってませんか?

美容成分が入っていたり、肌にうるおいを与えてくれるのでニキビにもいいのではないかと考えてしまいますが、実はニキビとシートマスクは相性が悪いんです。

ニキビがある時にシートマスクを使うデメリット

美容液たっぷりのシートマスクで顔を包み込むので保湿はされますが、余分に水分を与え、肌がふやけてしまうこともあります。

肌がふやけると皮脂の量が減ってしまい、人間が生まれながら持っている肌を守る機能が低下してしまいます。

皮脂は肌にとって重要で摩擦抵抗を軽減させ、肌のうるおいを保ってくれてます。

ただでさえ、ニキビができている時の肌は炎症が起きていて敏感なのに、その皮脂が減ってしまうとニキビが悪化したり、増えてしまいます。

ニキビに効くシートマスクを選ぶ

シートマスクはニキビがある時にはあまり使用を避けた方が良いですが、例外もあります。シートマスクは大きく分けると、保湿タイプとアンチエイジングタイプ、そして美白タイプの3種類です。

しかし、これ以外にもニキビ用のシートマスクもあるんです。

ニキビ用のシートマスクは素材が天然コットン100%でできていたり、ニキビができている敏感肌にも優しい低刺激、他にも炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸2Kが配合されているものもありますので、ニキビができている時にシートマスクをするのであれば、ニキビ用のシートマスクを使いましょう。

シートマスクの使い方

ニキビ用のシートマスクを使う場合はきちんと準備することが大切です。

最初に洗顔をして顔の汚れを落とします。

そして、化粧水で保湿してから、シートマスクを顔に乗せましょう。

シートマスクを化粧水を使わずにそのまま乗せる方もいらっしゃいますが、ニキビ用のシートマスクは保湿がメインではなく、ニキビに効く成分がメインです。

シートマスクだけでは満足に保湿できないので、めんどくさがらず化粧水もつけるようにしてください。

それから、長時間乗せておいたり、乾くまで置いとくと肌の水分が蒸発して、乾燥してしまいます。他のシートマスクと同じで、顔に乗せる時間も商品の説明欄に書いてある目安時間を守りましょう。

シートマスクまとめ

医者

基本的にニキビがある時はシートマスクを使うのはやめた方が良いですね。

しかし、ニキビ用のシートマスクを正しい用法で使えば効果はあります。しっかりと洗顔、化粧水の準備をしてから使い、ニキビのない肌を目指しましょう。

ニキビを隠すのにウンザリしていませんか?実は千円で始められるニキビケアがあります。あなたは、ツルツルな肌を誰に自慢したいですか?