赤ニキビ 隠す コンシーラー

赤ニキビをコンシーラーで隠すテクニック

コンシーラー

 

ファンデーションでたいていのシミやニキビなどを隠すことはできますが、それでも不十分な場合にはコンシーラーを使うことが非常に有効な手段といえます。

 

 

赤ニキビをコンシーラーで隠す方法

 

赤ニキビを隠すとき、どんな道具を使う?

 

赤ニキビをしっかりと隠すためには、コンシーラーを直接つけると厚塗り感が出たりつけすぎたりしますので、コンシーラーブラシを使うと良いでしょう。指に少し付けて使ってもいいです。

 

コンシーラーブラシを使う場合、肌と直角ではなく毛先を平行にして少しずつ塗っていきます。

 

 

赤ニキビのときってコンシーラーでどう隠す?

 

赤ニキビは赤みだけでなく肌が盛り上がっていることもあり、コンシーラーを無理につけると反って目立たせてしまいます。コンシーラーをブラシを使ってニキビの周りの部分に塗ってから、ファンデーションを使って周囲の肌とニキビを馴染ませるイメージで丁寧に抑えていきます。

 

もしリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っている場合には、ファンデーションを使った後にコンシーラーで補正していけば良いでしょう。

 

 

赤ニキビを隠すのに最適なコンシーラーの色

 

赤ニキビを隠したいとき、最も重要なのはコンシーラーの色です。赤みを目立たなくする色は補色の緑です。もし緑でも抑えきれない場合には黄色のコンシーラーを選ぶと良いでしょう。

 

肌の色より明るくしてしまうと光を集めてしまって余計目立つことになりますので、肌より少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。次に、テクスチャーは硬めのものを選ぶと崩れにくいのでお勧めです。

 

コンシーラーが初めてという方はスティックタイプも使いやすいのでお勧めですが、少し慣れると様々なカラーからなるパレットタイプも適しています。パレットタイプであればニキビの状態に合わせたカラーも作りやすいからです。

 

 

赤ニキビのときはコンシーラーを直接塗ってはダメ!?

 

炎症を起こしている赤ニキビやニキビ跡にファンデーションやコンシーラーを使っていると反って悪化させる恐れがあります。というのも、これらの油分はニキビを悪化させる原因であるアクネ菌の餌になる恐れがありますからニキビに直接つけないようにするべきです。

 

油分の少ないコンシーラーか、薬用コンシーラーを使用しましょう。

 

また、赤いニキビ跡はケアをしないと色素沈着となってシミへと変化してしまいます。コンシーラーやファンデーションを塗った後は汚れをしっかり洗い落とさなければ汚れや雑菌が次に使うときにまた肌に戻って炎症の原因になります。

 

 

実は、家にいながら簡単にできるニキビケアがあります。

 

驚く女性

 

美容皮膚科やクリニックに通うことなく、特別な専門道具もいりません。その方法は、いつものスキンケアにアレをプラスするだけ!

 

>>詳しくはコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ