足のむくみの原因とは?私の経験から言えること

   2016/12/24

むくみ

これは、私が経験したひどい「むくみ」に悩まされていたころの話です。

長いこと立ち仕事をしていた20代。少しヒールのある靴を履き、限られた範囲のみを行ったり来たり。

朝はまだ顔がむくんでいる程度なのですが、お昼を過ぎるころからだんだんと足がむくみ始めました。

顔のむくみがやっと取れたと思ったら次は足です……。

足先はひどく冷えていて、かかとからふくらはぎまでがとてもダルイような感覚。
お客様の見えないところで背伸びをしたり、強めにマッサージしたりするのですが、良く感じるのはほんの数分だけで、帰る頃にはもうパンパンなのです。

家に帰ってすぐさまソファーに寝ころび足を高く上げてはため息ばかりついていました。

「むくみ」って一体なんなのでしょうか……。

 

足のむくみの原因って?

むくむの原因を調べてみると、「静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態」や
「筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなっている状態」など。

ほかにも、私も苦労した「冷え性」や、「生活習慣の乱れ」「長時間の立ちっぱなし」「塩分の摂りすぎ」とかどんどん出ます。

いま挙げたものすべて私はやっていましたね(笑)

でも立ってなきゃ仕事できませんし、自分ひとりの食事に手間暇かける余裕もなかったし、お酒もやめられないんです……。

しかしある日、むくみが原因ではないのですが、すごく体調を崩したのです。

仕事を休んでしまったりして周りにすごく迷惑をかけました。

そこで、私は自分だけの問題ではない!と心機一転!

まずは自分で努力すれば治りそうな「むくみ」から改善しようと考えました。

むくみの原因ばっかり探して満足するのではなく、改善することが大切だとやっと気づいたのです。

最初に考えたことは、常に足先が冷たいことでした。あまり冷え性という自覚はなかったのですが、よく周りから「すごく手が冷たい!」とか、「それは冷え性だよ」と言われていたことを思い出しました。

で、これも関係あるのかわかりませんが、冷えのせいか、定期的に下痢をしていたので、腹巻をすることにしました。

そして、姿勢の悪さもむくみの原因になると知ったので、仕事中の立つ姿勢はすごく意識しました。

はじめは姿勢を意識することも大変だったのですが、でもそれだけ今までの姿勢がすごく体に負担だったんだととても反省しました。

けど、これだけでけっこう体が楽になっていたのも感じました。

足先が冷えてツライということが減りました。お腹を壊すことも気持ちのせいか減ったような……。

その後、食生活も改善に努力しました。自炊して、お酒を飲んでもあまりつまみを食べないとか(笑)

あとはたくさん動きました。仕事中でも無駄に屈伸したり、めんどくさがらずに素早く動いてみたり。

こんな生活をしていると意外と慣れてくるもんなんですね。

今ではほとんど外食もしません。素早く動くクセをつけてから、少し体重も落ちました。

今は仕事も変わったので前みたいにフルタイム立ちっぱなしの仕事ではありませんが、あの頃のようなひどい足のむくみは経験していません。

体がむくむということは何か大きな病気のサインだったりするので、「私はむくみやすいから」とほうっておかず、病院で診てもらうことも大切です。

ですが、今の自分の生活を見直してみて、改善策予防法があれば、実践してみることも大切です。

あきらめず頑張りましょうー(‘ω’)ノ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket